前へ
次へ

転職したい営業求人に裁量労働制とあるとき

新卒の社員は仕事の経験がありませんから教育をする必要があります。
新入社員教育の他それぞれの部署に配属された後も上司や先輩から仕事を教わって仕事を覚えていきます。
この流れは部署による違いはなく、営業社員でも事務系の社員でも同じでしょう。
これまで営業の仕事をしていた人が転職で営業求人を探すのであればどんな働き方ができるのかを知っておく必要があります。
他の営業社員と協力して仕事をするのか単独で仕事をするのかで大きく異なります。
自分が希望する会社が営業求人を出していて転職のチャンスと応募する人もいるでしょう。
その求人情報の中に中途採用者は裁量労働制での勤務と書かれてあるときどう認識すると良いかです。
裁量労働制は労働時間を労働者個人の裁量で決められる仕組みで、通常は組織を管理する管理職などに適用されます。
営業職の中には外出が多くしかも単独で活動しないといけないところがあり、その時は管理職でなくても裁量労働制になるときもあります。
裁量労働制だと残業の考えがないので残業による時間外手当がもらえないので注意が必要です。

Page Top